サポート

合戦パック~栄耀栄華~について③

みなさんこんにちは

SEGA戦略遊戯衆です。
さて今回は、いつもとは少し違った戦いを楽しめる「即席構築戦」についての説明や解説を行いたいと思います。

CIMG1754
(購入したパックをその場で開封して対戦しよう!)

○即席構築戦とは?
即席構築戦とは、限定戦やリミテッド戦とも呼ばれるTCGの遊び方のひとつです。
その場で開封したカードを組み合わせてデッキを構築して対戦を行います。開封したカードだけでは普段のようにデッキを組めませんので、触ったこともないコモンやアンコモンのカードをデッキにいれたり、全勢力カードがデッキに入った混沌としたデッキとなることもあります。しかし、これによって「いつも通りに武将を配備できない」「いつもは使わないカードの意外な強さを見つける」「普段同時に配備されない武将達の思わぬコンボが対戦中に見つかる」等、普段とは違った戦国大戦TCGを楽しむことができます!

○「シールド戦」と「ドラフト戦」
戦国大戦TCGの「即席構築戦」と呼ばれるレギュレーションには大きく分けて2種類の遊び方が存在します。簡単に説明すると下のような感じになります。



・「シールド戦」

自分で開封したパックだけでデッキを組んで対戦する。

・「ドラフト戦」
開封したパックからカードを1枚選んで、残りを隣のプレイヤーに渡し、渡されたパックから1枚を選び…といった動作を繰り返してカードを集めてデッキを組んで対戦する。


 

使用するパックの数やデッキを組むまでの時間が少し変わりますが、構築難易度はさほど変わりません。両方とも通常構築に比べて少し難しいです。何故ならば「コスト5以上のカードをデッキに何枚入れようか」や「戦闘計略とメイン計略のバランスをどうしようか」などを考えながらデッキを組む普段の構築とは異なり、この即席構築戦では開封したパックの内容だけでデッキを構築しなければなりません。なかなか思ったようなデッキを構築することは難しく、せっかく集まったカードが上手に使えないことも多々あります。

この記事で、デッキ構築に悩む主君の方々を少しでもお助けできれば…と思います!

CIMG1244
(思い通りのカードが出てくるとは限らないのがスリリング!?)

1、並び替えをしよう!
パックを開封すると手元には様々なコスト、勢力の武将や計略カードがあるかと思います。これを各勢力(色)別・コスト順に分けてみましょう。即席構築戦でも通常構築同様、高コストの武将はゲームを支えてくれたり、決めてくれたりする強い能力や武力を持ちます。それが多く出ている勢力を使うのがおススメです。勢力別・コスト別に並べ替えればその差がわかり易くなりますね!

2、国力に気を付けよう!
2勢力以上でデッキを組むときは、武将カードの有色国力の数に気を付けましょう。強い武将は大抵有色コストが2つ以上ありますが、例えば青青①の3コストの武将と、赤赤②の4コストの武将を両方デッキに入れたとすると、これを3ターン目と4ターン目に配備するためには、表向きの国力が【青青赤赤】となんと4枚も必要になります。
これは想像以上に結構大変です。あっという間に手札が無くなります。

デッキの仕様勢力が2色以上になってしまう場合、デッキを組むときに、武将の有色国力の数に気を付けましょう。場に配備できなければ、いくら強い武将でも活躍は期待できませんからね!
ちなみに、今回収録されている「他家・無所属」の武将カードは有色国力の指定がありません。これらの武将は自陣へ配備するために国力を支払うとき、無色(裏向きの国力と同じ)国力だけ配備することができます。普通に使っても表国力を必要としないのが魅力ですが、即席構築戦だとありがたみが増しますね!
ただし、表向きの国力として配備しても、それは無色(裏向きの国力と同じ)国力としてしか使用できませんので、国力に置くときは注意してくださいね!

TCG-BTL-119_UC
(個性的な能力が多い無所属武将も入れすぎると国力が大変なことに!)

3、デッキの枚数に気を付けよう!
強いカードや必要なカードを引く確率は、デッキの枚数は少ない方が上がります。ですので多くの主君の方々は、通常構築のデッキは50枚ピッタリで構築されているかと思います。
即席構築戦は自分の使うデッキが30枚以上であれば良いとされています。ならばっと思うかもしれません。
…ですが、中にはこんな曲者のカードもあります。

TCG-BTL-005_R
(お互い捨てたら意味がない、と思いきや・・・?)

山札を直接捨札に置くカードです。もちろん通常通り山札が0枚の状態で自分のターンのドローフェイズを迎えた場合はゲームに敗北してしまいます。
また、お互いに強力な武将が戦い終わって、戦況が全く動かなくなってしまった場合などでも、山札が先に無くなったほうが負けてしまいます。そうならないためにも、35枚を目安にデッキを作ることをお勧めします。

…簡単な説明となりましたが、この3点に気を付けていただければ基本的なことは大丈夫だと思います。これを基本に後は遊びながらいろいろな発見をしていただければと思います!

……いかがでしたでしょうか!

次回は「合戦パック~栄耀栄華~」に登場する注目カードをご紹介します!

それではまた!

ページトップに戻る