サポート

デッキ構築指南書

こんにちは!今回は初心者の方向けにデッキ構築の仕方を紹介したいと思います!
スターターデッキを買ったけど、そこから自分のデッキをうまく作れない・・・
自分のデッキを作ったけど思ったように戦えない・・・
そんな方はこちらを参考にしてみてくださいね!

まずはデッキ構築の基本から
戦国大戦TCGのデッキ構築の基本ルールは
・50枚以上
・同一カードは4枚まで
この二つです。
以上のルールを守っていればどんなデッキでも構築することができます!
ただそれだけだと思ったように戦えないかもしれません。

初心者の方はまず自分の使いたい武家を選んでみましょう!
武家とはカードの種別の欄に記載されている「○○家」のことです。
種別
同じ武家同士の武将はお互いに相性が良い能力を持っていたりするのでデッキを構築する指針になりますね。

武家を選んだら、次はデッキに入れる武将を選びましょう!
武将は皆コストを持っていて、今は1~6コストまでの武将が居ます。
1-069_web1-070_web1-076_web
1-080_web1-090_web1-094_web
強いからといってデッキに高いコストの武将ばかりをいれてしまうと、
序盤に出された相手の武将をいつまでも倒すことができません。
低コストから高コストまでバランスよくデッキに入れることが重要です!

武将カードの他に戦国大戦TCGには計略カードという物があります。
計略カードは武将の戦闘を補助する計略/戦闘カードと、様々な効果をもたらす計略/メインカードが存在します。
1-095_web1-098_web
この計略カードを入れることで、戦闘を有利に進めることができます。
ただし、あくまでデッキの中心は武将なので計略カードばかりをデッキに入れていると負けてしまいます。
また、計略カードは国力に表向きで置くことができないので、枚数に注意しないと表向きで置ける国力が無くなってしまいますね。

デッキを作る上では、自分の引きたいカードを引く確率を上げるために、デッキは50枚で作るのがお勧めです。

以上を踏まえてデッキのバランスの目安を作ってみました。
1コスト武将    4枚
2コスト武将    6枚
3コスト武将    8枚
4コスト武将   10枚
5コスト武将    6枚
6コスト武将    6枚

計略/戦闘カード  8枚
計略/メインカード 2枚

この状態から実際にプレイしてみて、
「もうちょっと計略増やしたいな~」「低コストの武将をもうちょっと入れたいなー」
といった感想をもとにデッキを調整していきましょう!

また、他の武家のカードも勢力があっていれば問題なくプレイできます。
なので「このカードは強いからこのデッキにも入れてみよう」
というようにどんどんデッキを試して自分だけのデッキを構築してみましょう!

それではまた次回をお楽しみに!

 

ページトップに戻る