サポート

家忠的台湾日記 ~其の壱~

家忠的台湾日記 ~其の壱~

主君の皆様こんにちは。SEGA戦略遊戯衆です。
先日は、天覇への道in台湾~日本代表決定戦にご参加いただきまして誠にありがとうございました。9月には台湾にてアジアNO.1決戦が開幕でございます。
それまでの間、台湾の情報などを皆様に少し発信させていただきたく、こちらのコーナーを作成させていただきました。
時は昔、公家はよく日記を書かれましたが、戦国時代を含めて武士の日記というものは大変少ないと言われております。その中で、徳川家康に仕えた松平家忠さんは18年間も書き続けた日記が残っているそうです。噂によると実に筆マメな男性で、城の普請や戦、家族や親類の話、天気や法事、イベントなど何から何まで日記に書き残しているらしいです・・・。そんな筆マメ家忠さんのように、台湾のカードゲーム状況だけでは無く、台湾の様々な情報を少し皆様にお伝えできたらなーと思い、家忠的台湾日記というお題にさせていただきました。お時間のある時にお気軽にお目通しいただければ幸いです。
内容には個人的主観やフィクションが含まれている可能性がありますので、ゆるーい読み物として楽しんでいただければと存じます。

さて、まずは9月2日の台湾決戦の会場からご紹介。
20170711_170724_0003

扉越しにシャンデリアが!はい、ここです。
“台北矽谷國際會議中心”という建物で実施する予定でございます。
台北矽谷国際会議センター。~~中心という言葉はこちらの建物でよく見ます。
日本語的にはそのまま、センターと訳してしまいます。なんか可愛い、中心。

会場の場所ですが、台北捷運(MRT)の松山新店線という緑色の路線で、大坪林駅にて下車。台北駅からですと、8駅くらいです。緑色の路線?という話ですが台北の地下鉄は路線によって色分けがしっかりされていて、駅で乗り換え時に迷っても看板や案内図の色に注意すれば大丈夫です。車内も綺麗で、日本と同じくドアの上部には今の駅、次の駅などの表示がちゃんと漢字で出るのでとてもわかりやすいです。

外観は・・・
site-3-01
おう、丸い。丸いですね。
2000人宮廷~~と書いてあるのは結婚式宴会場の広告です。
ここで2000人も入れる結婚式の宴会が出来ますよということでしょうか。
だからシャンデリアなのですね。

会場の案内が終わりましたところで、今日はこの辺で。
次回の家忠的台湾日記は台北のカードゲーム売り場からお伝えしまーす。

謝謝、再見!!

ページトップに戻る